2014年9月に女の子を出産。30代主婦。育児絵日記書いてます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おむつかぶれ、どうしてる?
201510072335586bb.jpg


おむつかぶれは、清潔が1番


今年の夏からずっと、おむつかぶれに悩まされていました。
頻繁におむつを取り替えたり、小児科で薬をもらったり…
正直、できるだけ手間がかからない対策で治したかったんです。

しかし、やはり最も効果的だった方法は、
こまめにおしりを洗ってあげることでした。

始まりは、ちょっとしたあせもができただけだったんです。
なので、まめにおむつ取り替えてたら治るかな〜なんて、
楽観的に考えていたのですが…。

よくなるどころか、次第におしりは明らかなかゆみを持ち始め、
娘もおむつを外すたびにぼりぼりかく始末。

そしてついに、ある朝離乳食を食べさせていたら、
いつの間にかベビーラックが真っ赤に染まっているではありませんか。
ちょっと爪の伸びていた娘が思い切りひっかいたせいで、
血がにじんでしまったのです。

慌てて小児科に駆け込み、塗り薬をいただきました。

朝晩の2回ずつ、毎日薬を塗りました。
さすが医学の力、おしりの傷はすぐにふさがり、
元のつるつるお肌に…なるかと思いきや。

日が経つにつれ、発達の進んでいく娘は、
実に上手に背中に手を回してかきむしりました^^;

つかまり立ちしながら、片手でぼりぼり。
お風呂の椅子にもたれながら、背中をそらせてぼりぼり。
一向になおり切りません。

ついに、2本ももらった塗り薬が底をつきました。

どうする私?もう一回もらいに行く?
でも、また同じことの繰り返しなのでは?

悩む私の脳裏に浮かんだのは、義姉の言葉でした。
「あせもは、薬とかは塗ってなくて、こまめにおしり洗ってる」

…。
そう。そうですよね。
知ってはいたんですよ、清潔が第一だって。
育児書にもそう書いてありますしね。

でもね、手間なんですよ。
正直それだけは避けたかったんです。
暑さは引いたとはいえ、外遊びにおやつにと時間のかかることが増えて。
これ以上やりたくない!…て思っていたのですが。

薬でもだめだったという事実が、ようやく私の重い腰を動かしました。
起床時と、うんちをした時に、ちゃんと石鹸で洗ってあげることにしました。
1度始めてしまえば、元々生真面目な性格なので、
きっちり決めたタイミングで都度洗う私(笑)

すると、始めてすぐに効果てき面。
あっという間に娘のおしりはつるっとした肌触りを取り戻しました。
まだ引っかこうとはするのですが、
かいた時に赤くなる程度で、翌日に荒れが持ち越されなくなりました。

手間なことから逃げずに、ひとつずつ丁寧にやっていくのが大事ということですね^^;


1歳14日(10/7)の離乳食


<朝>

⚫︎ 炊き込み御飯+魚(軟飯、人参、わかめ、しいたけ、さんま、鮭)
⚫︎ かき 10g
201510072336017fb.jpg

おやつ1回目
⚫︎ ホットケーキ 1枚
⚫︎ 牛乳

<昼>

⚫︎ ひじきご飯(大根、ひじき、しめじ)
⚫︎ 湯豆腐 50g
⚫︎ りんご 10gほど

※ 写真なし

おやつ1回目
⚫︎ ミニおにぎり 1個
⚫︎ スイートポテト風団子 1個

<夜>

⚫︎ 軟飯 ごはん110gほど
⚫︎ 牛肉と白菜のバター醤油煮
   (牛肉 15g、白菜 15g、しめじ 10g、ほうれん草 少々)
⚫︎ 味噌汁(玉ねぎ 15g)
2015100723355966b.jpg


◆◆◆ブログ内関連リンク◆◆◆


⚫︎ 卒乳って、いつ頃だった?
⚫︎ 表れる子供の意思、そして気まぐれ
⚫︎ 0歳児、初めての発熱




読んでいただきありがとうございます。
「読みました」のクリックをしてくれるとうれしいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さくらの子育て日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。