2014年9月に女の子を出産。30代主婦。育児絵日記書いてます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
0歳児、初めての発熱
20150924231513542.jpg


シルバーウィーク中、娘が初めて熱を出しました。

以前にも風邪はひいたことがあったのですが、
その時は熱はでなかったんです。
これが、母乳の免疫がなくなってきた証なんですかね^^;

熱が出た分、前回より遥かに厳しい介抱をせまられました…。
何って、とにかく夜泣きが激しい!
一気にここから話したいところですが、
まずは風邪をひいてからのことを、順を追って綴っていこうと思います。


風邪の対応は、早い方がいい


以前の風邪は症状が鼻水から始まったのですが、
今回は、まず朝起きてから、
いつもより娘のくしゃみの回数が多いなと思いました。
それから次第に、咳の回数も多いなと気付きました。

とはいえ、この時はくしゃみで鼻水も出ませんでしたし、
咳もかわいた音で、それほど大事には捉えていませんでした。
ちょっと調子が悪いのかな、なんて。

それが大間違い…。

次第に増していく咳の回数と、音の変化。
コンコン、から、ゲホゲホに変わっていきました。
あれ?これはさすがに病院行った方が良くないかと思い始めた頃、
なんだか娘の体温が高いように感じたのです。

すぐ測ったところ、38度1分。

こりゃいかん、と思ったわけですが、
この時シルバーウィーク真っ盛り。
近場の病院は当然軒並みお休みです。

休日診療を行っているところがあることは知っていましたが、
時刻はもはや夕方。
なんと、一番近い診療所は既に診察終了。
ちょっと距離を伸ばしていくかとも思いましたが、
なぜかこういう日に限って、旦那さんは昼過ぎまで体を動かしに行った後、
早々と飲酒をしてしまってました。
(私は運転できません)

電車でもいいけど〜と思いつつ、
とりあえず、救急の電話相談をしてみることにしました。
子供も、熱あるとはいえ、元気だったので^^;

これまた初めてのことでちょっと緊張しつつも、
子供の症状を説明すると、

「急ぎ診察が必要な状態ではなさそうなので、
ひとまず様子を見て、お母さんが連れて行きやすい時に
行ってみてはどうでしょうか」

と言っていただいたので、ちょっと気持ちも和らぎ、
翌朝近くの休日診療所に行くことにしました。

食事は1つ前の形態に戻すと、それなりに食べてくれて順調。
これなら何事もなく明日を迎えられる…と思った私が甘かった。

いつも通り、8時半に寝かしつけてから、およそ1時間後から。
ついに始まりました。よ・な・き。

前回もあったんですよ。
寝入りと寝起き前後2時間ぐらい、ずっと30分単位で子供が起きてました。
調子が悪いと、寝が浅いのでしょうね。

でも、今回は喉に痰が絡むからか、もっと頻繁に起きました。
9時半頃から、ず〜っと、30分と言わず、時には15分くらいで
再び泣き出すことも。
少し静かだったのは、3時〜5時くらいだったでしょうか。

それ以外、ひたすら30分以内に泣き出してたものですから、
親もたまったものではありません。いつ寝たの(苦笑)

幸い、シルバーウィーク中でしたから、
旦那さんと交代しながらあやせましたけど、
彼は2時頃から明け方までダウン、私は明け方から朝までダウンでした^^;

翌日、朝に薬をもらって飲んでからは、
夜も1〜2回泣いただけでぐっすり寝てくれて、
親もほっとしました。

結論。
子供の様子が少しでもおかしいと思ったら、
その時点で病院に行きましょう。
でないと、親もしんどい。


ちなみに、今日(木曜日)もう一度かかりつけの小児科に行きましたが、
さすが大連休後。
診察、2時間半待ちでした^^;
もちろん、途中家に帰ってました。


◆◆◆ブログ内関連リンク◆◆◆


⚫︎ 1歳のお誕生日〜手作りケーキでお祝い〜
⚫︎ 赤ちゃん?いえ、女子です
⚫︎ 1歳間際、ようやくハイハイ




読んでいただきありがとうございます。
「読みました」のクリックをしてくれるとうれしいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さくらの子育て日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。