2014年9月に女の子を出産。30代主婦。育児絵日記書いてます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
赤ちゃんの泣き顔を笑顔に変える鏡術
201508201205413ea.jpg

赤ちゃんが泣いた時、ママはどうしますか?

もちろん、大抵の場合まずは抱っこするはず。
でも、長時間の抱っこはしんどいですし、
1日にそれが何度も繰り返されたら、ママもたまったものではありません。

ですから、他にも赤ちゃんを泣き止ます方法を求めるママは多いですし、ネット上でも様々な方法が取り上げられていますよね。
「鏡を見せる」ということも、よく紹介される事例の1つです。

私は、この「鏡を見せる」にちょっとプラスアルファしたことを実践しています。
それによって、しくしく泣いていた娘も短時間で笑顔を見せてくれることが増え、窓を開ける季節などとても助かっています。
さっそくご紹介していきますね。

発想の原点は赤ちゃん絵本!「この子、だあれ?」の声かけ法


この泣き止ませ方は、「鏡を見せる」「抱っこをする」「声かけをする」の3つの合わせ技でできています。

① 抱っこして洗面所など大きめの鏡の前に連れて行く
② 下記のセリフから好きなものを3つ選んで、順に声かけする
  「鏡の中のかわいい子、だ〜れだ?○○ちゃん!」
  「鏡の中で、シクシク(子供を左右に揺らす)してる子、だ〜れだ?○○ちゃん!」
  「鏡の中で、ママがギュ〜(子供を左右に揺らす)してる子、だ〜れだ?○○ちゃん!」
  「鏡の中で、ニコ〜(子供を左右に揺らす)してる子、だ〜れだ?○○ちゃん!」
③ 「色んな○○ちゃん。どれもみんな、かわいいね(ほおずり)」

流れはこんな感じです。
大事なのは、セリフに擬音語が入っていることと、その擬音語に合わせて体を上下なり左右なりに揺らすこと。
赤ちゃんて、「ビュン」とか「パン」とか、擬音語が好きですよね。
それだけでも反応しやすいですし、そこに揺れが加わるとさらに喜んでくれることが多いです。

後、私なりにこだわったのが、③の締めとなるセリフ。
これは、赤ちゃん絵本の構成から考えて付け加えたものなんです。

赤ちゃん絵本て、色んなものが次々同じやり方で登場してきて、最後は大円団でまとまることが多いんです。
例えば、主人公のぼくが歩いていたら、くまさんに出会い、あひるさんに出会い、ぶたさんに出会い…最後はみんなで仲良く遊びました、みたいな感じです。

そこで、②のセリフをただ羅列するだけじゃなくて、最後に一言まとめてみようと思ったんです。
言われた娘というより、言ってる私自身がほっこりしてくるセリフです(笑)


どんな泣き止ませ方も、それ1つで万能というわけにはいきません。
生理的な欲求で泣いてる時は効かないですし、赤ちゃんによって好みもありますしね。
でも、色んなやり方を知っておくと、思わぬ時に役立ってくれたりします。
このやり方も、皆さんの選択肢の一つとなってくれたら幸いです^^


◆◆◆ブログ内関連リンク◆◆◆


⚫︎ 児童館員お墨付き!歌で楽する育児法
⚫︎ 児童館で教わったつかまり立ちを促す遊び



読んでいただきありがとうございます。
「読みました」のクリックをしてくれるとうれしいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さくらの子育て日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。