2014年9月に女の子を出産。30代主婦。育児絵日記書いてます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
児童館員お墨付き!歌で楽する育児法
赤ちゃんのお世話は本当に大変ですよね。
お腹が空けば泣き、おむつが汚れれば泣き、寂しくなれば泣き…。
その度に、ママはお乳をあげたり抱っこをしたりと、大忙しです。

中でも、体力を使うのはやはり抱っこ。
しょっちゅうぐずる我が子をあやす内に、
肩や腰が痛くなることはしょっちゅうですよね。

毎日がんばるママ達のために、
私が実践した、ちょっとでも抱っこする時間を減らす方法をご紹介します。
それは、「歌を歌う」こと。


児童館でも勧められた、歌の力


201508172342026ca.jpg

歌がいいと言われても、ちょっと口ずさんでみても泣いてばっかりよ、
と言われる方もいらっしゃるでしょう。
どんな歌を歌えばいいのかわからないと言われる方もいらっしゃるでしょう。
私も最初そうでしたから(笑)

でも、実はそんなに難しく考える必要はないんです。
親が歌いたいと思った歌を歌ってみれば良いのです。
大切なのは、何を歌うかではなく、同じ歌を日々繰り返し歌い続けることなんです。

私がそれに気付いたのは、ほんとに偶然のことでした。

私は生後2ヶ月頃から子供にマッサージをするようになったのですが、
元々歌うことが好きだった私は、ある1つの歌を歌いながらマッサージを行っていました。
音にのせて手を動かす方が、
子供が後々音楽に興味持つようになるかなとなんとなく思ったのと、
私自身表情筋をしっかり動かして歌うことでストレス発散になるかなと思い、
始めたことでした。

毎日毎日、マッサージの度にその歌を歌っていました。
そうして1〜2ヶ月も経つ頃には、ぐずる我が子に同じ歌を歌うだけで、
ぴたりと泣き止むようになっていたのです。

もちろん、激しく泣いている時は効かない時もありますし、
多くは歌い終えると再び泣くので、抱っこと併用するのが効果的です。
短時間で落ち着かせることができます。

とはいえ、一時しのぎができるだけでも助かるシーンはたくさんありました。

あと一枚、お皿を洗っておきたい時。
お風呂で子供を洗い終え、服まで着せた後ベビーラックに固定して、数分だけ自分1人で湯船につかり直した時(真冬だった)。
子供が気が高ぶってうまくおっぱいにしゃぶりつけない時。
子供を寝かしつける時。

生後1ヶ月から親の手伝いなしでやっていた私にとって、
歌は欠かせないものでした。

そうして便利に使っていたある時、
児童館の先生にまさに私が行っていたことをそのまま勧められたのです。
繰り返し同じ歌を歌うことによって、はじめは反応が薄かったとしても、
徐々にその歌で眠るようになったり、気分を落ち着かせることができるようになるよ、と。
そこで初めて、偶然のやっていたけど、いい方法だったんだなと気付きました。


せっかく歌ってみても、泣かれてばかりいられると、
歌は興味をないのかなとか、思ってしまいますよね。
でも、ぜひあきらめずに続けてみてください。
ある程度は子供によって好きなメロディーは分かれるとは思いますが、
ママが楽しく歌ってあげるのが一番だと思いますよ^^

※ ちなみに、私はジブリの歌を使うことが多いです。既に覚えているものが多いから(笑)


◆◆◆ブログ内関連リンク◆◆◆


⚫︎ 児童館で教わったつかまり立ちを促す遊び



読んでいただきありがとうございます。
「読みました」のクリックをしてくれるとうれしいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さくらの子育て日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。